交通アクセス

〒 570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号
富士火災守口ビル5階 ※ビルに駐車場はございませんので,
近隣有料駐車場をご利用ください

相談予約受付中です

06-6997-7171 [受付時間]平日9:00~18:00

メールでのご予約

※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません。

守口門真総合法律事務所重点取扱い分野

  • 交通事故
  • 相続
  • 後見
  • 不動産
  • 企業法務
  • 離婚
  • 借金
  • 法人破産

遺言・遺言書作成でお悩み・お困りの方へ

遺言・遺言書作成は弁護士にお任せください。「遺言・遺言書作成」あなたに合った方法で遺言・遺言書作成をお手伝いいたします。

遺言・遺言書作成に関するメニュー

  • 遺言・遺言執行者

このようなご希望・お悩みはありませんか?

公正証書の形できちんと遺言をのこしたい

子供たちに公平に遺産を分けたいが,長男には土地建物を相続してほしい

一人に相続させたいが,ほかの相続人の遺留分も考えた遺言書を作りたい

子供がいないので,妻が兄弟と遺産分けをすることになりそう

お世話になった知人に少しでも遺産をあげたい

行方不明の相続人がいて,将来遺産分割の話ができない可能性がある

籍を入れていないが,長く連れ添ったパートナーがいる

解決事例

作成事例①

長男に対し,すべての遺産の相続を受ける代わりに,他の相続人へ代償金を支払うことを求めた遺言書の例

遺言者には長男・次男・長女の3人の子供がいましたが,次男が40代で亡くなった結果,長男,次男の子2人,長女の合計4人の将来の法定相続人がいました。

遺言者は身近で面倒を見てくれている長男にすべてを相続させたいと考えていましたが,そのために不公平が生じ,逆に子供達が将来揉めることにならないか心配していました。
そこで,弁護士が遺言書作成の依頼を受け,公正証書遺言の作成をサポートしました。

遺言書では,長男にすべてを相続させる代わりに,長男は,次男の子供達や長女に遺留分相当額を代償金として支払うことを内容にしました。

付言事項では,長男がこれまで生活面のいろいろな後ろ盾を担ってくれたことを感謝するとともに,他の相続人に対して,ある程度まとまったお金を残すから遺留分の請求はしないでほしい旨のお願いをしました。

作成事例②

子供2人のうち1人がアメリカに移住したので,日本にいる子供にすべての遺産を相続させた事例

遺言者は,娘と息子の2人の子供がいましたが,娘の方は夫の仕事の関係でアメリカに移住していました。おそらく日本に戻ることはないとのことで,娘自身も,自分はもう外国で暮らすから遺産は特に要らないという趣旨の発言をしていたとのことでした。

そこで,遺言者は,同居する長男にすべての遺産を相続させたいと考え,弁護士のもとへ相談に来ました。

遺言者は,娘にも多少はお金をあげたいと思っていたようなので,一応は娘の遺留分にも配慮し,娘に生前贈与として100万円を渡し,他の遺産をすべて息子に相続させることにしました。

公正証書遺言の作成に当たっては,弁護士が公証役場とのやり取りの一切を引き受け,弁護士と公証人の間で遺言書の案を練りました。付言事項には,同居する長男が長年面倒を見てくれたこと,娘にも少しばかりの援助をしたことなどを記載しました。

HAPPYな解決を 相談予約受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-6997-7171 [受付時間]9:00~18:00 [定休日]土、日、祝日 お問い合わせフォーム メールでのご予約 ※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません

ご相談・ご質問受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-0997-7171 [受付時間]:9:00~18:00(土日祝は定休日)

アクセスはこちら

メールはこちら

相続に関するメニュー

  • 相続人調査
  • 遺産調査
  • 遺産分割
  • 相続放棄
  • 遺言・遺言執行者
  • エンディングノート
  • 遺留分
  • 寄与分
  • 特別受益
  • 死後事務委任契約
  • 祭祀の承継
  • 相続と税金

まずはお気軽に連絡ください

HAPPYな解決を 相談予約受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-6997-7171 [受付時間]9:00~18:00 [定休日]土、日、祝日 お問い合わせフォーム メールでのご予約 ※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません

ご相談・ご質問受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-0997-7171 [受付時間]:9:00~18:00(土日祝は定休日)

アクセスはこちら

メールはこちら