交通アクセス

〒 570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号
富士火災守口ビル5階 ※ビルに駐車場はございませんので,
近隣有料駐車場をご利用ください

相談予約受付中です

06-6997-7171 [受付時間]平日9:00~18:00

メールでのご予約

※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません。

守口門真総合法律事務所重点取扱い分野

  • 交通事故
  • 相続
  • 後見
  • 不動産
  • 企業法務
  • 離婚
  • 借金
  • 法人破産

債務整理・任意整理・自己破産のご相談(大東・四條畷・交野地域)

借金問題は弁護士にお任せください。「過払い金返還請求」「任意整理」「自己破産」「個人再生」あなたに合った方法で債務整理をお手伝いいたします。

債務整理に関するメニュー

  • 任意整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 過払い金返還請求
  • 住宅ローン・売却のご相談
  • 債務整理ミニ知識

このような"お悩み"はありませんか?

取立て止めてほしい

借金をゼロにして一からスタートしたい

住宅ローンだけは払っていきたい

払いすぎた利息を取り戻したい

HAPPYな解決を 相談予約受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-6997-7171 [受付時間]9:00~18:00 [定休日]土、日、祝日 お問い合わせフォーム メールでのご予約 ※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません

ご相談・ご質問受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-0997-7171 [受付時間]:9:00~18:00(土日祝は定休日)

アクセスはこちら

メールはこちら

債務整理のお悩みは守口門真総合法律事務所へ

借金問題と一口に言っても、人によって、借金の金額はもちろん、借りた貸金業者が違えば、借りた年数、利息も違いますし、収入や資産も違います。

借金問題を解決するためには、あなたの経済的な状況に応じて、正しい債務整理の方法を選ばなければなりません。
借金問題の解決方法には、大きく分けて、過払い金返還請求、任意整理、自己破産、個人再生の4つの方法があります。

まずは、それぞれどんな方法かをご理解していただき、 あなたに合った債務整理の方法を選択することをお薦めします。

債務整理の方法1

「過払い金返還請求」

違法な利息を取られていた可能性があり、違法な部分は返してもらうことができます。

債務整理の方法2

「任意整理」

弁護士が、裁判によらずに、任意に貸金業者と交渉し、分割和解をします。借金を減額できる場合もあります。

債務整理の方法3

「自己破産」

法的にあなたの借金をゼロにします。一定の財産を超える場合は債務者に配当することになります。

債務整理の方法4

「個人再生」

借金を圧縮した上で、再生計画を立て、借金を返済していきます。マイホームを残して手続することが可能な場合もあります。

ご相談から解決までの流れ(任意整理の場合)

1お問い合わせ

電話・メールにて承っております。お気軽にご連絡いただき、相談受付の際には、あなたの借金の状況(借金の総額や業者の数等)をお尋ねさせて頂きます。
お電話の場合番号06-6997-7171メールの場合こちらのフォームをご利用ください。
※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません。ご来所頂いた上での相談とさせて頂きます。

2ご相談

弁護士との相談では、あなたの借金の状況を踏まえ、最適な方法をご提案させていただきます。
また借金が増えた経緯、家計に占める借金の割合等もお聞きします。
☆弁護士のスケジュール調整が可能であれば、土日祝・夜間の法律相談を実施しております。

3貸金業者への連絡

当事務所があなたの債務整理を受任したことを貸金業者に連絡し、これまでのあなたの借金の経過がわかる書類(取引履歴)の開示を請求します。この時点で業者からの取り立ては止まります。

4引直し計算

貸金業者から取引履歴が送られてきたら、法定利率(利息制限法利率)に基づき、引直し計算を行います。この時点で法律上の債務額が確定します。

5方針の最終決定

債務額が確定したら、ご相談の上方針を最終決定します。過払い金が発生している場合には弁護士が直ちに返還請求を、残債務がある場合には弁護士が貸金業者と和解交渉を行います。自己破産手続・個人再生手続に移行する場合には申立ての準備を開始します。

6貸金業者との和解

貸金業者と和解がまとまれば、和解書を交わします。

7和解結果報告

債務額が確定したら、ご相談の上方針を最終決定します。過払い金が発生している場合には弁護士が直ちに返還請求を、残債務がある場合には弁護士が貸金業者と和解交渉を行います。自己破産手続・個人再生手続に移行する場合には申立ての準備を開始します。

8新たなスタート

月々の取り立てに追われることもなくなります。新たな生活をスタートしてください。

解決事例

過払い金返還請求の事例1

借入総額390万円で破産の相談に来られたものの,引き直し計算の結果,残債が無くなり,その上,110万円の過払金が戻ってきた事例

【ご依頼者 40代 男性】
【相談時の借入額 350万円】
【貸金業者との取引 5社】
借入れが390万円あり,破産の依頼で相談に来られました。当初の聴き取りでは,多少過払金が生じているかもしれないという認識で受任をしましたが,債務調査の結果,5社のうち2社で過払金が生じ,合計280万円を取り戻すことができました。
回収した過払金から他の3社の残債を支払い,残った110万円を相談者へお渡しすることができました。

過払い金返還請求の事例2

消費者金融1社のみと長年取引を続けていて,200万円の過払金を回収できた事例

【ご依頼者 60代 女性】
【相談時の借入額 50万円】
【貸金業者との取引 1社】
相談者は16年前から,ある消費者金融1社から借入れを行い,その後ほぼ中断することなく取引を続けていました。そこで債権者から取引履歴を取り寄せたところ,元金だけで180円の過払金が発生していました。
任意交渉ではなかなか解決できなかったため,過払訴訟を提起したところ,利息を付けて200万円の過払金を回収することができました。

任意整理の事例1

約700万円の借入に対して,将来の利息をカットし,元金のみ月々8万円の和解を実現できた事例

【ご依頼者 50代 男性】
【借入総額 700万円】
【借入先 8社】
大手の企業に勤めておられる男性の方です。700万円という借入額の場合,通常であれば破産や個人再生を検討することになりますが,ご本人の希望で任意整理の手続きを進めることになりました。それなりの安定収入が見込める方であり,住宅ローン以外に月々8万円の支払原資は確保できるとのことでした。
そこで,借入額が多い債権者から長期の分割和解を試み,どの債権者に対してもおよそ6年から8年の分割和解を納得してもらうことができました。
最終的に全7社に対し,本人の申告額である月8万円を若干下回る返済額での和解を実現できました。

任意整理の事例2

身に覚えのない業者から督促を受け,消滅時効を援用。1社20万円についてのみ分割和解を行った例

【ご依頼者 40代 女性】
【借入総額 180万円】
【借入先 3社】
全く覚えのない業者から支払督促が届いたとのことで相談に来られました。相談時に書類を確認した結果,その債権者自体は,以前借りた消費者金融から債権譲渡を受けた債権回収業者であったことが分かりました。
相談に来られた時点ですでに最終返済予定日から8年が経過していたため,消滅時効を援用しました。
他に長年取引をしていない業者2社について,消滅時効を援用する内容証明を発送しましたが,うち1社については,本人もよく知らない間に訴訟をされていたようで,時効期間が延びていました。そのため,その1社についてのみ20万円を分割で支払う和解を行いました。

自己破産の事例1

自営で飲食店を始めたものの,思うように売上げが伸びず,店をたたんで破産を行った例

【ご依頼者 40代 男性】
【借入総額 950万円】
【借入先 8社】
妻と子供1人の3人家族の方です。4年前に会社員を辞めて飲食店経営を始めましたが,2年目以降は売上げが伸び悩み,店をたたむことになりました。銀行以外にも,消費者金融やクレジット会社数社から借入れをしており,月々の返済額は20万円を超えていました。
店を辞めて新たな生活をスタートさせるにあたり,事業で作った借金を整理するため相談に来られました。破産手続きを経たことで,借金0の状態で新生活を迎えることができました。

自己破産の事例2

FXなどの投資にハマり,数百万円の借金を抱えて相談に来られた例

【ご依頼者 30代 男性】
【借入総額 550万円】
【借入先 9社】
30代の独身の方です。数年前に友人に誘われてFXを始めたことがきっかけで,FXのほか先物取引などの投資にのめり込むようになりました。証券会社から追証(おいしょう。追加保証金)を求められるたびに借入れから賄う生活を続け,500万円を超える借金に膨れ上がりました。
破産手続において,投資の失敗は免責不許可事由に該当します。そのため,破産の申立後,裁判所からは,債務者審尋,反省文の提出などを求められましたが,最終的に無事免責を受けることができました。

個人再生の事例1

子供の教育費や習い事の費用がかさみ,住宅ローンの支払いが難しくなったが,住宅資金特別条項付の個人再生を利用し,大幅に借金を減額できた事例

【ご依頼者 40代 男性】
【借入総額 670万円(+住宅ローン)】
【借入先 7社】
妻と子供2人の4人家族の方です。高校生と中学生のお子さんがおられ,私立高校の学費や習い事のお金が年々増えていく一方で,職場の異動で給料が下がり,生活を借入れに頼るようになりました。
住宅ローン自体は月々8万円で,それほど高額ではなかったため,家を残しながら個人再生の手続を進めることになりました。個人再生を経た結果,住宅ローンを除く借金を5分の1の135万円に減額することができました。再生計画により3年間月々3万7500円の分割弁済が裁判所から認められました。

個人再生の事例2

ご本人の希望で個人再生手続を進め,借金を100万円に減額して分割での返済を行った事例

【ご依頼者 30代 男性】
【借入総額 350万円】
【借入先 5社】
妻と2人暮らしの方です。ローン無しの車(時価60万円相当)を所有されており,通勤で使用しているとのことでした。
破産の場合,車の処分が必須になる旨を伝えたところ,元々破産は考えていないとのお話だったので,個人再生の手続を進めることになりました。個人再生では,圧縮後の借金の額(本件では100万円)より財産額が下回る場合,その財産を保有したまま手続を進めることができます。
本件でも,本人名義の車を処分することなく手続きを進めることができ,借金を100万円(3年間,月々約2万8000円の分割払い)に減額することができました。

解決事例一覧 ▶

お客様の声

当事務所にご相談いただいた理由

【ご依頼者 62歳 男性】
【負債総額 150万円】
【貸金業者との取引 7社】
貸金業者とは、最大15年間の取引がありましたので、過払金返還請求を行いました。結果、6社から1170万円の過払金が戻ってきました。また、残りの1社も、49万円から45万円へと減額でき、その返済を済ませ実費や報酬等を差し引いても900万円をお返しすることができました。

当事務所のサービスや接客について

何事についてもわかりやすく説明して頂き,また親身に相談に乗って頂き,安心して全てお任せすることができました。

当事務所にご相談いただいた理由

金額が明確なところと電話応対がわかりやすかった。上から目線でなく同じ目線で話をしてくれる。

当事務所のサービスや接客について

こちらの都合にあわせて時間外対応もしていただけたことは助かりました。担当事務員さんをつけてくれるので対応も早く親切でした。

お客様の声一覧 ▶

守口門真の債務整理・借金相談
枚方・寝屋川・摂津の債務整理・借金相談
大東・四條畷・債務整理・借金相談
弁護士の債務整理お役立ち情報

まずはお気軽に連絡ください

HAPPYな解決を 相談予約受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-6997-7171 [受付時間]9:00~18:00 [定休日]土、日、祝日 お問い合わせフォーム メールでのご予約 ※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません

ご相談・ご質問受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-0997-7171 [受付時間]:9:00~18:00(土日祝は定休日)

アクセスはこちら

メールはこちら