交通アクセス

〒 570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号
ステーションゲート守口5階 ※ビルに駐車場はございませんので,
近隣有料駐車場をご利用ください

相談予約受付中です

06-6997-7171 [受付時間]平日9:00~18:00

メールでのご予約

※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません。

守口門真総合法律事務所重点取扱い分野

  • 交通事故
  • 相続
  • 後見
  • 不動産
  • 企業法務
  • 離婚
  • 借金
  • 法人破産

介護時の苦労は相続額に反映されない!?

◆介護をした人に財産を残す為には、事前準備が必要

家族間での争いの代表選手は「遺産相続争い」です。額によっては激しく揉めることもあります。醜い争いを自分の相続人はしてほしくないものです。相続争いになる原因として、「介護をした人と、全く面倒を見なかった人とが揉める」というケースが多々見られます。相続人に争って欲しくありませんし、自分の面倒を見てくれた人には多めに相続させたいと思う人は少なくないでしょう。

もし遺言を残さず死亡すれば、法律に基づいた相続(法定相続)が発生し、続柄に応じて財産が分割されます。介護を担っていたかに関わらず、子供同士の相続分は同じです。さらに、介護した人が法定相続できる人(法定相続人)でなければ、1円も相続できません。例えば、息子の嫁が面倒を見てくれた、というケースはよくありますが、息子の嫁は法定相続人ではないので、相続の権利はありません。

「寄与分」という制度を利用する場合、死亡した人と共に事業を営み財産を形成した人や、介護等によって被相続人の財産消費を減少させた人には、その事情を考慮して多めに相続させることができます。しかし、この寄与分が認められるハードルは高いですし、何より寄与分の主張が相続争いを激化させかねません。さらに、介護した人が法定相続人でなければ、寄与分は認められません。相続争いを未然に防ぎ、介護してくれた人に特別に財産を残したいのであれば、あらかじめ準備しておくことが必要です。

◆介護をしてくれる人のために準備すべきこと

まずは、これから介護をしてもらう可能性がある場合、迷惑をかけないようにしておくことが大切です。介護には時間的・体力的なコストだけでなく、金銭的コストもかかります。お金だけでも準備しておき、介護してくれる人の負担をできるだけ少なくすることが大切です。介護費用の口座や、介護・生命保険などはわかりやすいように管理しておくことをお勧めします。

さらに、認知症等を罹患し、判断能力を失った場合、誰に面倒を見てほしいか、ということも考えておいてください。任意後見制度を利用すれば、確実に希望に沿うことができます。以下では、介護してくれた人に特別に財産を残す方法を説明します。

・遺言書を残す
最もスムーズに財産を相続できる方法です。法定相続の場合、法定相続人以外に財産は残せません。法定相続人に特別に財産を残したい場合であっても、寄与分の制度に頼るのは心もとありません。しかし、遺言書を残せば、自由に相続が可能です。法定相続人以外の人にも財産を残せますし、特定の相続人に特別に財産を残すこともできるのです。不均等に相続を行う場合には、その理由を遺言書に併記すること(付言)をお勧めします。付言には強制力はありませんが、相続争いの防止に効果的です。

・生前贈与を行う
死亡する前に、介護してくれた人に財産を贈与する「生前贈与」も有効です。生前贈与を行った場合、死亡後の遺産分割手続きで特別受益の持ち戻し(生前に、死亡した人から利益を得ていた時、相続人間の公平の為に得た利益を考慮して相続分を算定すること)がされる場合があります。それを望まないのであれば、「特別受益の持ち戻しをしない」という内容の遺言を残す必要があります。
また、あまりにも多額の生前贈与を行うと、贈与税がかかる可能性があります。年間110万円以下に抑えれば非課税ですので、参考にしてください。

・養子縁組
養子にすることで、実の子と同じ立場で(法定相続人として)相続に参加させることができます。法定相続人以外が介護をしてくれた、という場合にのみ有効です。少々手間がかかりますが、相続税が節税できるというメリットもあります。法定相続人が多いほど、相続税の基礎控除額(相続税のかからない額)が増えるからです。ただ、租税回避行為防止の為に、基礎控除として認められる養子の数は相続税法で制限がありますので注意して下さい。実の子がいる場合は1人までです。

・生命保険の受取人を変更する
ここまで述べたものと異なり、「相続」には直接関係ありません。生命保険金は元から受取人の財産であり、相続という訳ではありません。その為、相続争いを起こすことなく、確実性が高いです。変更前の受取人に納得してもらってから変更することが望ましいです。

万一に備えて、予め準備できる手段は数多くあります。介護してくれた人に報い、無用な争い事を防ぐためにも、しっかりと準備をすることが大切です。

相続担当弁護士

村上 和也

プロフィール

同志社大学卒。平成20年より事務所開設し、守口市・門真市を中心に大阪で相続に関する相談多数。遺言・遺産分割・遺留分・遺言執行・事業承継・成年後見など。

弁護士からのメッセージ

遺言作成や遺産分割協議を数多く手掛けてきており,危急時遺言の作成実績もある数少ない法律事務所です。
ささいなことでも結構ですので,お早めにお問い合わせください。

相続の関連コンテンツ

相続に関するメニュー

  • 相続人調査
  • 遺産調査
  • 遺産分割
  • 相続放棄
  • 遺言・遺言執行者
  • エンディングノート
  • 遺留分
  • 寄与分
  • 特別受益
  • 死後事務委任契約
  • 祭祀の承継
  • 相続と税金

まずはお気軽に連絡ください

HAPPYな解決を 相談予約受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-6997-7171 [受付時間]9:00~18:00 [定休日]土、日、祝日 お問い合わせフォーム メールでのご予約 ※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません

ご相談・ご質問受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-0997-7171 [受付時間]:9:00~18:00(土日祝は定休日)

アクセスはこちら

メールはこちら