交通アクセス

〒 570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号
ステーションゲート守口5階 ※ビルに駐車場はございませんので,
近隣有料駐車場をご利用ください

相談予約受付中です

06-6997-7171 [受付時間]平日9:00~18:00

メールでのご予約

※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません。

守口門真総合法律事務所重点取扱い分野

  • 交通事故
  • 相続
  • 後見
  • 不動産
  • 企業法務
  • 離婚
  • 借金
  • 法人破産

「相続放棄」をするメリットとデメリット

相続と聞くと、配偶者や親の遺産を引き継ぐというイメージが強いですが、借金を抱えて亡くなってしまった場合はどうなるでしょうか。

ご存知の方も多いと思いますが「借金を相続する」つまり、代わりに返済をする義務が生じます。借金を相続したくない場合、3カ月以内に相続放棄をすることで、債務の相続は無くなります。

しかし、相続放棄は「最初から相続人でなかった」という扱いになるので、相続財産も受け取れなくなってしまいます。

相続放棄に関して

借金(相続責務)を被相続人が抱えているのであれば、その借金は、法定相続分に従って全ての相続者に分けられて相続されます。ただし、相続放棄をすると民法939条に従い、放棄した人は相続者では無かったという扱いになり、借金を相続することはありません。

しかし、仮に利益になる財産(積極財産)が存在していた場合、それに関しても相続する事が不可能になりますので良し悪しです。そして当然ですが、一度放棄を行うと撤回はできなくなります。

また、被相続人が抱えていた財産の一部分の処分を行ったケースなどでは、単純認証を行ったものと判断され、相続放棄が叶わなくなりますので気を付けましょう。

相続放棄を進めるには

相続放棄をするには、相続が始まった場所(被相続人の最終居住住所)を管轄する家庭裁判所(家裁)に申述書類を提出します。申述書類は家裁に出向いたり、家裁のHPにアクセスしたりして手に入れる事ができます。

申述書の作成は難しくないので、一人でもできます。そして、相続人の戸籍謄本や被相続人の住民票の除票等の必要書面も役所などでもらえますし、担当する家裁が遠方にあっても郵便にて手続きを進行する事が可能です。

ちなみに、相続放棄は自身のために相続が始まった事を知ってから3か月までに済ませる必要があります。なぜなら、相続放棄を行うと被相続人の債権者などの立場に影響を及ぼす、分かりやすく言えば迷惑をかける可能性があるからです。

ただし「被相続人が持つ財産を調べる」という目的であれば、家裁に相続放棄期間を延長を求める事はできます。仮に3か月を超過してしまった場合でも、相続放棄を受理してもらえる可能性もあるので、弁護士に相談してみましょう。

「相続分の破棄」や「遺留分の破棄」と何が違う?

相続放棄と混同しやすいのが「相続分の破棄」や「遺留分の破棄」です。「相続分の破棄」は、相続が始まってから、相続で手に入るプラスの財産の具体的相続分を破棄する事を意味します。そして「遺留分の破棄」は、元来遺留分を保持する法定上の相続人が、遺留分に関する権利(遺留分減殺請求権)を破棄する事を指します。
ただし、どちらも相続放棄とは異なり、権利の放棄をしているだけです。相続債務の引継ぎが免除される効果はないので、覚えておきましょう。

相続放棄が及ぼす影響

借金を残して父親が死去した際は、その子供が相続放棄を行えば、その子供は当然相続者にはなりませんし、その子供の子供(孫)は相続放棄を行う必要性さえなくなります。ただし、兄弟や姉妹や母親が存在するのであれば、共同相続人ですから、相続放棄に関して考えておくように伝達しておくべきです。

また、同じ順位の相続人全てが相続放棄を行うと、次の順位に該当する父親の父母、それらの人が存在しないのであれば、父親の兄弟姉妹(亡くなっている場合はその子供)が相続人という扱いになります。]

ゆえに、その人たちにも、債権者から請求が来る場合に備えて、先の順位の相続者が相続放棄を行った事を認識してから3カ月以内に相続放棄を行う事になります。

相続担当弁護士

村上 和也

プロフィール

同志社大学卒。平成20年より事務所開設し、守口市・門真市を中心に大阪で相続に関する相談多数。遺言・遺産分割・遺留分・遺言執行・事業承継・成年後見など。

弁護士からのメッセージ

遺言作成や遺産分割協議を数多く手掛けてきており,危急時遺言の作成実績もある数少ない法律事務所です。
ささいなことでも結構ですので,お早めにお問い合わせください。

相続の関連コンテンツ

相続に関するメニュー

  • 相続人調査
  • 遺産調査
  • 遺産分割
  • 相続放棄
  • 遺言・遺言執行者
  • エンディングノート
  • 遺留分
  • 寄与分
  • 特別受益
  • 死後事務委任契約
  • 祭祀の承継
  • 相続と税金

まずはお気軽に連絡ください

HAPPYな解決を 相談予約受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-6997-7171 [受付時間]9:00~18:00 [定休日]土、日、祝日 お問い合わせフォーム メールでのご予約 ※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません

ご相談・ご質問受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-0997-7171 [受付時間]:9:00~18:00(土日祝は定休日)

アクセスはこちら

メールはこちら