自賠責保険とは

自賠責保険とは、自動車またはバイクなどによって、交通事故が起きたときに被害者や遺族が最低限の保証を受けられるよう法律によって定められた自動車保険制度です
自賠責保険は正確には、自動車損害賠償責任保険といい、自賠責保険と自賠責共済のことを強制保険といいます。
公道を走行する車両には自賠責保険(または、自賠責共済)に強制加入する事を自動車損害賠償保障法により義務づけられています。
そのため、自賠責保険のことを一般的に強制保険と言います。

自賠責保険が適用される対象は

自賠責保険は対人賠償保険であり、物損事故には適用されません
つまり相手方と搭乗者への死亡・後遺障害・ケガが補償の対象となります。
従って、交通事故による自分自身のケガや相手の自動車やオートバイ、その他の物を壊したりした場合は適用されません
また、自賠責保険では支払額にも限度があるので、その限度額を超えたものは補償されません。
相手方が支払い能力のある人であればよいですが、通常は任意保険に加入していないと支払いは不可能であると考えます

自賠責保険の補償

自賠責保険で補償される補償限度額は、交通事故1件にではなく、1人につきそれぞれの状態(ケガや後遺症など)に限度額が決められています

保険金額の限度額は、自動車損害賠償保障法施行令で定められています。
補償の対象は次の通りです。

1.傷害による損害

被害者1人につき120万円
支払治療費:応急手当費、護送費、診察料、入院料、投薬料、手術料、処置料、通院費、看護料、諸雑費、柔道整復等の費用、義肢等の費用、診断書等の費用
(原則として実費とし、治療・療養に必要かつ妥当な額が支払われます)

2.休業損害:1日につき5,700円

ただし、立証資料等により1日につき5,700円を超えることが明らかな場合は、1日につき19,000円を限度として、実額が支払われます。

3.慰謝料:1日につき4,200円

慰謝料の対象日数は被害者の傷害の態様、実治療日数その他を考慮して治療期間の範囲内で決められます。

4.後遺障害による損害

被害者1人につき最高4,000万円~75万円まで(後遺障害認定のページを参照)
逸失利益:後遺障害がなければ得られたはずの収入。
慰謝料等:障害の程度により第1級1,050万円~第14級32万円
※第1級~第3級までは、被扶養者があるときは、増額されます。

5.死亡による損害

被害者1人につき3,000万円まで+葬儀費55万円
逸失利益:死亡しなければ得られたはずの収入
死亡本人の慰謝料:350万円
遺族の慰謝料:請求権者1名の場合500万円、同2名の場合600万円、同3名の場合700万円
※被害者に扶養家族がいる時は、この金額に200万円が加算される。

6.死亡するまでの傷害による損害

被害者1名につき最高120万円まで(傷害による損害の場合と同じ)
この金額は、自賠責保険では、ここまでしか出ませんということです。
この金額だけで判断する事なく、金額にご不満の場合には一度当事務所にご相談ください。

まずはお気軽に連絡ください

HAPPYな解決を 相談予約受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-6997-7171 [受付時間]9:00~18:00 [定休日]土、日、祝日 お問い合わせフォーム メールでのご予約 ※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません

ご相談・ご質問受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-0997-7171 [受付時間]:9:00~18:00(土日祝は定休日)

アクセスはこちら

メールはこちら