個人再生とは

個人再生とは、裁判所の監督の下、債務の大部分の免除・長期の弁済条件などを組み込んだ再生計画を作成し、無理なく借金を返済していく制度です。

しかも、住宅資金特別条項という条項を再生計画に組み込むと、住宅ローンは従前の条件で支払を続けて住宅を手放すことなく、それ以外の高利の借金を大幅減額できます。 

この個人再生手続は他の手続きより要件が厳しく、誰しもが利用できる手続ではありませんが、住宅を手放すことなく、借金を減額できるというメリットがあります。

個人再生の流れ

(1) 弁護士から債権者に受任通知書を発送

受任通知が債権者に届いたら、取立てが止まります。

(2) 個人民事再生を申立

申立書を作成し、裁判所に提出します。

(3) 再生手続を開始

裁判所が個人民事再生手続の開始を決定します。

(4) 再生計画案を作成

再生計画案を作成し借金免除額、残りの借金額を検討します。

(5) 再生計画案を提出

再生計画案を裁判所・債権者に提出します。

(6) 書面決議 (小規模個人再生の場合)

債権者から民事再生手続に反対である旨の意見が出た場合には、別途弁護士と打ち合わせをした上で対応策を検討します(ただし、反対である旨の意見が出ることは、多くはありません

(7) 再生計画の認可

裁判所が認可し、確定することにより手続は終了します。

(8) 返済を開始

再生計画に従って、返済をしていただきます。

個人再生のメリット

取立てが止まります。
住宅ローン特則を利用すれば、マイホームを手放さなくて済みます。
利息制限法による引き直し計算により残元本の減額が行われます。
過払い金の返還も場合によっては可能です。

個人再生のデメリット

ブラックリストに登録されます。ただし、金融機関のキャッシュカードは作れます。
官報に掲載されます。ただし、一般の人が官報を見る機会はあまりありません。

まずはお気軽に連絡ください

HAPPYな解決を 相談予約受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-6997-7171 [受付時間]9:00~18:00 [定休日]土、日、祝日 お問い合わせフォーム メールでのご予約 ※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません

ご相談・ご質問受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-0997-7171 [受付時間]:9:00~18:00(土日祝は定休日)

アクセスはこちら

メールはこちら