交通アクセス

〒 570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号
富士火災守口ビル5階 ※ビルに駐車場はございませんので,
近隣有料駐車場をご利用ください

相談予約受付中です

06-6997-7171 [受付時間]平日9:00~18:00

メールでのご予約

※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません。

守口門真総合法律事務所重点取扱い分野

  • 交通事故
  • 相続・後見
  • 不動産
  • 企業法務
  • 離婚
  • 借金

弁護士の相続お役立ち情報

遺言書作成について

「遺言書」について考えたことはありますか? 「家にはそんな資産は無いし、子どもたちがもめるようなこともないから、遺言書は作らなくても…」と、思っている人もいるのではないでしょうか。でも、いざ相続が発生した時に、家族が争いを起こしてしまうことが無いとは限りません。“家族…
「遺言書作成について」の続きを読む

遺言書の種類

資産を相続する際に大切な「遺言」ですが、種類があることを知っていますか。これから遺言書を作成しようと考えている方は、遺言の種類やメリット・デメリットを押さえておきましょう。 遺言を大きく分けると「普通方式遺言」と「特別方式遺言」の2種類があります。「普通方式遺言」は、字…
「遺言書の種類」の続きを読む

相続人がいない時はどうなる? ―相続財産管理人とは―

身よりが無い方、親族と決別されている方などは、相続時に“相続人がいない”という状態になることが考えられます。また、相続できる方々に相続を放棄された場合も、相続人がいない状態になってしまいます。このような場合、相続はどうなるのでしょうか。遺産・財産などの相続は…
「相続人がいない時はどうなる? ―相続財産管理人とは―」の続きを読む

相続財産管理人の仕事

亡くなった方にお金を貸していたり、亡くなった方から不動産などを購入したものの登記されていなかった場合、相続人に対応してもらうのが一般的です。しかし、亡くなった方に相続人がいない、相続放棄されているという時は、対応してもらうことができません。このような状況では、家庭裁判所に申し立てをし、要件を満…
「相続財産管理人の仕事」の続きを読む

遺産分割の方法

「遺産分割」とは、どのように遺産を分割するか決めること。誰が何をどれだけ相続するのかを明確にします。遺産分割の方法は4つ。「遺言書による遺産分割」「遺産分割協議」「遺産分割調停」「遺産分割審判」の方法があります。それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。 「遺言書による遺産…
「遺産分割の方法」の続きを読む

相続税 ~基礎控除と申告までの手順について~

「相続税」は誰かが亡くなった時、その方の財産を受け取る場合に支払う税金のこと。亡くなった方の配偶者や子どもなど「相続人」として相続を受ける方はもちろん、相続人ではないものの遺言・死因贈与契約によって相続を受けることになった方も、相続税を支払う義務があります。ただし、相続税が課せられ…
「相続税 ~基礎控除と申告までの手順について~」の続きを読む

相続時に絶対に必要な「相続人調査」とは?

 「相続人調査」は、誰かが亡くなり相続が起きたときに、相続の権利がある人(相続人)を調べることです。なぜ調べるかというと、法律に基づいて適切に「亡くなった方の財産」を相続人に分配する必要があるからです。“相続の権利があるのに、無視されて相続が進められてしまった”という人…
「相続時に絶対に必要な「相続人調査」とは?」の続きを読む

生前にしておくべき相続税対策「生前贈与」

一定額以上の遺産を相続する場合、相続人には相続税が課せられてしまいます。配偶者や子どもに遺産を残したいと考えている場合、相続税がかかるかどうか、そしてその額がどれくらいになるかも考えておく必要があります。しかし「生きている間に財産を渡したい」「相続税の負担をできる限り少なくしておき…
「生前にしておくべき相続税対策「生前贈与」」の続きを読む

「遺言の検認」の流れと、注意したいこと

「遺言の検認」と聞いても、何をするのかピンとこない人は多いのではないでしょうか。難しい言葉に聞こえますが、これは「遺言書に記載されたことを確認し、偽造や変造を防止すること」を意味しています。また検認を行うことで、相続人に遺言書の存在・内容を知らせることができます。 【遺言の検認…
「「遺言の検認」の流れと、注意したいこと」の続きを読む

家&土地を相続する場合は「空家」の状態を避けるのが得策

相続を受ける時、相続する資産が一定額を超えると相続税が課せられることはご存知でしょうか? 平成27年1月1日からは税制の改定もあり、以前より少ない資産で相続税が課せらるようになっています。 ・改定前:5,000万円+1,000万円×法定相続人の数・改定後…
「家&土地を相続する場合は「空家」の状態を避けるのが得策」の続きを読む

エンディングノートに法的効力はある? 遺言書との違い

「エンディングノート」という言葉を聞いたことがあるという方も多いと思いますが、遺言書との違いは理解できていますか? 今回はエンディングノートと遺言書の違いについてお伝えします。 ◆エンディングノートとは エンディングノートとは、もしもの時に備えて、自分の死後…
「エンディングノートに法的効力はある? 遺言書との違い」の続きを読む

遺言書に添える「付言」について

◆付言事項とは 遺言書があると、相続人はその内容を受け入れる必要がでてきます。しかし、遺言書に書かれたことであれば、何でも強制力が生じる、という訳ではありません。遺産分割や子供の認知など、強制力が生じる項目のことを「法定遺言事項」といい、その内容は厳格に定められています。
「遺言書に添える「付言」について」の続きを読む

財産を守るために利用したい「任意後見人」

「将来、自分の判断能力が落ちてしまったり、認知症になってしまったら、財産管理はどうしたら…」と思うことはありませんか。そんな時に備えて「任意後見人」という制度があります。いざという時にそなえて、財産を守ってくれる人を立てておくことも大切です。 ◆後見人とは?
「財産を守るために利用したい「任意後見人」」の続きを読む

介護時の苦労は相続額に反映されない!?

◆介護をした人に財産を残す為には、事前準備が必要 家族間での争いの代表選手は「遺産相続争い」です。額によっては激しく揉めることもあります。醜い争いを自分の相続人はしてほしくないものです。相続争いになる原因として、「介護をした人と、全く面倒を見なかった人とが揉める」というケー…
「介護時の苦労は相続額に反映されない!?」の続きを読む

小規模住宅地等の特例を活用することで、相続税の節税に

◆「小規模住宅地等の特例」を活用し、相続税を節税 「小規模住宅地等の特例」とは、親が有する自宅用地・事業用地を相続する際、相続税評価額が最大で80%減額される制度のことです。宅地と認められる為には「居住の用に供していた宅地等」という要件を満たす必要があります。
「小規模住宅地等の特例を活用することで、相続税の節税に」の続きを読む

二世帯住宅は相続税の節税に有効

親からの相続で多いのが、家・土地といった不動産の相続です。一般的な家庭では、遺産相続の大きな割合を不動産が占めることが多いと思われます。そのため、相続税を節税するには、親の住んでいる住居(家・土地)がポイントになってきます。今回は、二世帯住宅の節税面でのメリットについて考えてみましょう。
「二世帯住宅は相続税の節税に有効」の続きを読む

お墓のことが気になるなら、死後事務委任契約を結んでおくこと

「終活」という言葉がありますが、いつか訪れるその時に備えて、できる限り事前に準備をしておきたいものですよね。「家族や親族、友人に迷惑をかけないようにしたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。今持っているものはある程度自分で整理をしたり、誰かに譲ったりできますが、お墓などは死後も誰かに管…
「お墓のことが気になるなら、死後事務委任契約を結んでおくこと」の続きを読む

相続人の範囲はどこまで?

相続時に問題に注意したいのが、相続人の範囲です。例えば、親族に生涯独身だった伯父(立場としては母親の兄)がいると仮定し、その伯父が亡くなった場合で考えてみましょう。伯父の妹であるあなたの母親がすでに亡くなっていたとしたら、甥もしくは姪にあたるあなたは伯父の相続人になるのでしょうか。 …
「相続人の範囲はどこまで?」の続きを読む

法定相続分どおりに相続されるとは限らない!?

相続分の指定がない場合に「相続分」の基準となる「法定相続分」。相続人であれば、法定相続分に従って分けてもらえると思ってしまいますが、実際は、法定相続分どおりに分けてもらえるとは限らないのです。今回はその理由について解説したいと思います。 ◆相続分は被相続人から指定できる
「法定相続分どおりに相続されるとは限らない!?」の続きを読む

相続トラブルの対策について

相続時に気がかりなのは、親子・兄弟などで争ってしまうことです。相続を機に不仲になってしまうのは、残念なことですし、避けたいものです。相続争いとは無縁の方が多いとは思いますが、近年、相続争いは確実に増えています。今回は、そんな相続トラブルの傾向と、その対策について紹介していきます。
「相続トラブルの対策について」の続きを読む

遺産分割協議は、早めにスタートを

親が亡くなってから行うべきことはたくさんありますが、遺産分割協議も大切なことです。例えば、きょうだいが親の近くで暮らしていて、あなたは遠方に住んでいる場合、近くのきょうだいが遺産相続について切り出してこないと、「自分からは言いだしにくい」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、問題を先送…
「遺産分割協議は、早めにスタートを」の続きを読む

遺産分割協議書の作成で注意したいポイント

遺産分割の話がまとまったら、遺産分割協議書の作成を行います。ただし、正確に作成できていないと、後々になってトラブルになってしまうかもしれません。今回は、遺産分割協議書の作成で注意したいポイントについて紹介します。 ◆遺産分割協議書を作成する前に 誰が相続人な…
「遺産分割協議書の作成で注意したいポイント」の続きを読む

片親が亡くなった時に気を付けたいこと

両親のうち父親が先亡くなった場合、母親と子どもに相続が発生します。ただし、相続するには相続税がかかるため「母親に全財産を相続してもらう」という選択をする方もあるかもしれません。今回は、このような事例の際に気を付けたいことについて考えていきます。 ◆配偶者控除の利用と節税
「片親が亡くなった時に気を付けたいこと」の続きを読む

遺産分割調停の申立てをする方法

離れた土地に住む親が亡くなった場合、遺産分割調停の申立はどこにすべきなのか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は「亡くなった父親が鹿児島県に住んでいて、あなたと姉は大阪府に、兄は福岡県に住んでいる」という場合を仮定して考えてみましょう。 ◆遺産分割調停はどこで行うべ…
「遺産分割調停の申立てをする方法」の続きを読む

遺産分割調停の仕組みと進め方の注意点

遺産分割調停と言っても「どのようなものかよく分からない」という方も多いと思います。ここでは、遺産分割調停の仕組みや、希望に沿うように進める方法について紹介します。 ◆遺産分割調停の流れ 遺産分割調停は、家事調停委員会によって進行されます。家事調停委員会を組織…
「遺産分割調停の仕組みと進め方の注意点」の続きを読む

父親の死後、同居していた兄弟が相続財産を教えてくれない場合の対策

兄弟が親と同居していると、親が亡くなってしまった時に、自分からは相続遺産について聞きにくい気持ちがあるかもしれませんが、相続は家族の問題でもあるので知っておきたいですよね。しかし、同居していた兄弟がなかなか教えてくれないケースもあるかもしれません。今回はそのような場合にどうすべきか、考えていき…
「父親の死後、同居していた兄弟が相続財産を教えてくれない場合の対策」の続きを読む

遺産分割の調停案に不服があると「遺産分割審判」になる?

遺産分割が当事者間での話合いによって円満にできればいいのですが、残念ながら上手くいかない場合もあります。その場合は家庭裁判所の遺産分割調停へと進むことになるでしょう。しかし、その調停でも解決できなかった場合はどうなるのでしょうか。遺産分割の話し合いの流れから確認してみましょう。
「遺産分割の調停案に不服があると「遺産分割審判」になる?」の続きを読む

親の介護の面倒をみる場合に気を付ける点

両親のどちらかが亡くなり、残された片方の親に介護が必要な場合、兄弟の誰かが同居などをして面倒をみることもあると思います。その場合、面倒をみる人はどのようなことに気を付けたらよいか考えてみましょう。 高齢化社会の現状
「親の介護の面倒をみる場合に気を付ける点」の続きを読む

母親の相続財産は自宅のみ…不動産の遺産分割をする方法は?

母親の遺した財産は自宅の土地と建物のみ。でも兄弟がいる場合は、どのように分けたらよいか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。自宅を手放したくないという思いがあれば、なおさらです。今回は不動産の遺産分割方法について紹介します。 遺産が不動産のみという場合、相続人の間でとるべき…
「母親の相続財産は自宅のみ…不動産の遺産分割をする方法は?」の続きを読む

子どもがいない夫婦の場合の相続

子どもを持たない夫婦の場合、夫婦のどちらかが亡くなった時の財産はどうなるのでしょうか。配偶者がすべて相続すると思いがちですが、実はそうとは限りません。どのような人に相続される可能性があるか見ていきましょう。 配偶者以外の相…
「子どもがいない夫婦の場合の相続」の続きを読む

パートナーと長年同棲していたが未入籍…もしもの時の相続はどうなる?

数十年、夫婦のように過ごしているものの、事情があって入籍はしていない(内縁の夫婦)という関係の場合、相続はどうなるのでしょうか。内縁の配偶者と相続について考えてみましょう。 内縁のパートナーと相続について
「パートナーと長年同棲していたが未入籍…もしもの時の相続はどうなる?」の続きを読む

現在の妻との子どもはいないが、前妻との子どもがいる場合の相続

男性が再婚し、現在の妻とは子どもがおらず、前妻との間には子どもがいる場合、相続はどうなるのでしょうか。相続争いにならないように、気を付けたい点などを考えてみましょう。 法律的な結論として このような関係の…
「現在の妻との子どもはいないが、前妻との子どもがいる場合の相続」の続きを読む

障害がある子どもの面倒を見る家族・兄弟に全財産を相続したい場合

子どもに障害があり、1人で生活することが難しい場合、両親または兄弟でサポートしていくことが必要になります。そして、サポートする人には負担がかかるため、相続を多く遺したいという気持ちが働くことでしょう。父親が亡くなった場合、母親が生きていれば母親が全額を、母親が亡くなっている場合は面倒を見る兄弟…
「障害がある子どもの面倒を見る家族・兄弟に全財産を相続したい場合」の続きを読む

音信不通の兄弟がいる場合、相続が発生したらどうなる?

兄弟の居場所も連絡先も分からない…。このような状態で、親が亡くなってしまうと相続はどうなるのでしょうか。相続発生時の対応について考えてみましょう。 音信不通者がいる場合の相続 遺言のない相続…
「音信不通の兄弟がいる場合、相続が発生したらどうなる?」の続きを読む

「もしもの時は子どもに事業を引き継がせたい」事業継承とは?

事業を経営している場合「自分にもしものことがあったら長男に継いでほしい」という思いがあるかもしれません。今回は、自身が亡くなった時、子どもに事業を継承する方法について考えてみましょう。 会社支配権を確保するために…
「「もしもの時は子どもに事業を引き継がせたい」事業継承とは?」の続きを読む

誰に借金を引き継がせるか決めておくことは可能?

自宅と預金の財産がある一方で借金もある人の場合、借金を誰に引き継がせるかを決めておくことはできるのでしょうか? 相続債務について考えてみたいと思います。 債務を分割した相続は可能 民法第896条は、被相続…
「誰に借金を引き継がせるか決めておくことは可能?」の続きを読む

亡くなった親の預金や家賃収入を兄弟が取り込んでいた場合

相続財産の中でも「亡くなった人の預金」や「亡くなった人名義の家賃収入」に関する問題は、相続人全員の同意が無いと、遺産分割手続の中では解決が難しいものです。今回は「亡くなった父親の預金、賃貸住宅の家賃収入を姉が取り込んでいた」というケースで考えてみましょう。
「亡くなった親の預金や家賃収入を兄弟が取り込んでいた場合」の続きを読む

遺産分割を放置しているとどうなる?

兄弟との不仲などを理由に、遺産分割をせずに何年も放置していませんか。遺産をそのままにしておくと「数次相続」というものが生じ、問題はさらに複雑化してしまいます。できるだけ早めに遺産分割をしましょう。 数次相続とは新たに相続が…
「遺産分割を放置しているとどうなる?」の続きを読む

貸しビル・賃貸マンションを相続した場合の注意点

亡くなった父親の相続財産に貸しビルが含まれている場合、相続時に何を気を付けるべきか気になるのではないでしょうか。遺産分割協議が終了するまでは、貸しビル(もしくは賃貸マンション)は相続人の共有となります。しかし、賃料・修繕費・ローンの支払い・遺産分割の方法などはトラブルが起きないように注意を払う…
「貸しビル・賃貸マンションを相続した場合の注意点」の続きを読む

借地権は相続することができる?

借地上に建てた家に住んでいた父親が亡くなり、その家に子供が住むようになったものの、地主から「一代限りの約束だったので、家を壊して出ていってほしい」と言われた場合、どうなるのでしょうか。借地権の相続について考えてみたいと思います。
「借地権は相続することができる?」の続きを読む

自分以外の兄弟が親の生前にまとまった額を受け取っていた場合の相続は?

父親が亡くなる前に、自分以外の兄弟姉妹が、結婚費用や開業資金を出してもらっていた場合「相続が兄弟姉妹で平等に分けられるのは納得いかない」と感じる人も多いのではないでしょうか。 今回は、姉が結婚費用200万円、兄が開業資金900万円を受け取っていて、自分はそういった援助を受けてい…
「自分以外の兄弟が親の生前にまとまった額を受け取っていた場合の相続は?」の続きを読む

長男に自宅を生前贈与する場合の問題点

「相続時に兄弟間でもめることがないよう、先に長男に自宅を譲っておきたい」と考える人もいるかもしれません。長男に自宅を残すという点では有効ですが、これは生前贈与となります。相続開始後、ほかの相続人から特別受益として問題にされたり、遺留分減殺請求をされたりする可能性もあります。 「…
「長男に自宅を生前贈与する場合の問題点」の続きを読む

病気になった父に代わり、家業を切り盛りした場合の相続は?

父親が病に倒れ、代わりに家業を切り盛りしているという場合「父親の相続をほかの兄弟姉妹よりも多く受け取れて当たり前」と思うかもしれません。もちろん、父に代わって切り盛りしてきたことが特別な貢献と認められれば、遺産分割手続きで「寄与分」が認められることでしょう。 しかし、一方的な主…
「病気になった父に代わり、家業を切り盛りした場合の相続は?」の続きを読む

生命保険の受取人を長男にする場合の問題点とは

「長男にお金を残したい」という思いから、生命保険の受取人を長男にしようとする場合があるかもしれません。しかし生命保険の受取人や保険の金額によっては、相続時にトラブルになる可能性があります。生命保険の遺産性や、問題点について考えてみましょう。
「生命保険の受取人を長男にする場合の問題点とは」の続きを読む

孫への資金援助と、相続について

親が、子ではなく孫に、資金的な援助を行うこともあります。どの孫にも平等に援助していれば良いのですが、偏っている場合、不公平さを感じることでしょう。しかし、父親が共同相続人でない孫への援助を行う場合、特別受益にはあたりません。例えば、父親が、兄の子どもの多額の進学費用を援助していて、自分の子ども…
「孫への資金援助と、相続について」の続きを読む

「相続放棄」をするメリットとデメリット

相続と聞くと、配偶者や親の遺産を引き継ぐというイメージが強いですが、借金を抱えて亡くなってしまった場合はどうなるでしょうか。 ご存知の方も多いと思いますが「借金を相続する」つまり、代わりに返済をする義務が生じます。借金を相続したくない場合、3カ月以内に相続放棄をすることで、債務…
「「相続放棄」をするメリットとデメリット」の続きを読む

おひとりさまの老後について

生涯独身であったり、配偶者・子どもがいない、両親や兄弟がいないという人は少なくありません。いわゆる「おひとりさま」にも老後はやってきますし、亡くなった場合は相続も発生します。いざという時のために、早めに備えておきましょう。
「おひとりさまの老後について」の続きを読む

身内の「生涯独身で一人暮らしの高齢者」の面倒を見ている場合

親族の中に、ずっと独身のまま高齢者になってしまった人がいる場合、親族の誰かが面倒を見ているということもあると思います。 問題は、その人が亡くなってしまった時です。相続財産の処分、葬儀は誰が出すのか、借家に住んでいる場合は明け渡しはどうするのかなど、様々な問題が出てきます。相続財…
「身内の「生涯独身で一人暮らしの高齢者」の面倒を見ている場合」の続きを読む

遺言にはどんな種類がある?

「家族のために、遺言書を作成しておきたい」と考えている人もいらっしゃることでしょう。今回は、遺言の種類と特徴について紹介します。遺言にはルールがあり、場合によっては無効になってしまいます。どの方法が良いか、しっかりと考えてから遺言書を作成するようにしてくださいね。
「遺言にはどんな種類がある?」の続きを読む

「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」どちらが良い?

「遺言書は自分で書いた方が手軽で費用もかからないから、自筆証書遺言でいい」と思っていませんか。 しかし、自筆証書遺言は、死亡後に遺言書検認の申立てが必要であったり、要件を満たしていないと無効になったりと、デメリットもあります。確実に遺言を作成したい場合は、公正証書遺言を検討して…
「「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」どちらが良い?」の続きを読む

自筆証書遺言を作成する時の注意点

どうしても自筆証書遺言で遺言を残したい場合、注意すべきポイントがたくさんあります。せっかく作成したのに無効とならないよう、細心の注意を払いましょう。完成後は弁護士に内容を確認してもらい、有効な内容になっているかチェックしてもらうのも良いですね。
「自筆証書遺言を作成する時の注意点」の続きを読む

公正証書遺言を作成する時に気を付けたいこと

公正証書遺言を作成することを選んだ場合にも、注意したい点はあります。遺言は大切なものなので、自分の力だけでなんとかしようとすると、後々残された家族に迷惑がかかることも…。公正証書遺言の場合でも、弁護士に相談するなどして、細心の注意を払ってください。
「公正証書遺言を作成する時に気を付けたいこと」の続きを読む

「遺贈する」と「相続させる」をしっかり使い分けましょう

遺言書の作成時に「遺贈する」「相続させる」という言葉をよく使います。「同じような意味だから、どちらを使っても問題無い」と思いがちですが、実は効果が異なります。どのように使い分けるべきか、チェックしておきましょう。 財産を誰…
「「遺贈する」と「相続させる」をしっかり使い分けましょう」の続きを読む

「特定遺贈」と「包括遺贈」の違いについて知る

「お世話になった人に、財産の一部を遺贈したい」と思った場合、借金があるとその借金も一部を負担させてしまうのではと心配になりますよね。そのような時は、遺留分を侵害しない範囲で特定遺贈をし、遺言執行者を指定した遺言書を作成すべきです。ポイントを押さえて、遺言を作成しましょう。
「「特定遺贈」と「包括遺贈」の違いについて知る」の続きを読む

母親に遺言の作成を頼むには?

父親が亡くなり、高齢の母親と同居しながら面倒を見ていると、「早めに遺言書を書いておいてほしい」と思うこともあると思います。でもストレートにお願いするのも気が引けてしまいますよね。遺言書の作成を頼む際に心がけたいことについて考えてみましょう。
「母親に遺言の作成を頼むには?」の続きを読む

母親が兄にだけ財産を譲るという遺言を残して亡くなった場合、弟は相続を主張できる?

2人の息子を持つ母親が「すべての財産を長男に譲ります」と遺言を残して死去した場合、次男は相続を主張できないのでしょうか。「遺言に書かれている以上、無理なのでは…」と思うかもしれませんが、次男も被相続人の息子なので「遺留分権利者」となります。遺留分減殺請求を行えば、相続財産の受け取…
「母親が兄にだけ財産を譲るという遺言を残して亡くなった場合、弟は相続を主張できる?」の続きを読む

母親の死後、あるはずの財産がほとんど無くなくなっていたことが発覚した場合

親が遺言書を作成せず亡くなってしまうこともあります。それに加えて、亡くなる数年前に聞いていた財産がほとんど無くなっていたら、どう対処したら良いでしょうか。 財産がなぜ減ってしまったかは、推測するしかありませんが、他の兄弟姉妹に生前贈与したり、本人が傾倒していた団体に寄付してしま…
「母親の死後、あるはずの財産がほとんど無くなくなっていたことが発覚した場合」の続きを読む

どんなタイミングで遺言書を作成すべき?

「いつか遺言書の作成を…」と思っていても、なかなか作成するきっかけは掴めないものです。60歳になったから、体調面で不安が出てきたから、などといったきっかけで始めるのもひとつですが、遺言書を作成するのに早すぎるということはありません。 家庭の事情などを考慮しながら、…
「どんなタイミングで遺言書を作成すべき?」の続きを読む

銀行の「遺言信託」を利用するメリットとデメリット

銀行の金融商品のひとつに「遺言信託」というものがあります。担当者から進められることもあるかと思いますが、メリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。「遺言信託」について考えてみましょう。 狭義の遺言信託とは
「銀行の「遺言信託」を利用するメリットとデメリット」の続きを読む

相続で長男に2/3、次男・三男は1/6ずつと指定することは問題になる?

「もしものことがあったら、生前面倒を見てくれた長男には多めに相続をしたい」と考え、遺言に相続の割合を「長男に2/3、次男・三男は1/6ずつ」というように記したいという場合、どのような問題があるのでしょうか。 相続の割合を指定することは「相続分の指定」ということになりますが、特定…
「相続で長男に2/3、次男・三男は1/6ずつと指定することは問題になる?」の続きを読む

遺言書キットやエンディングノートを利用する場合の注意点

近年は「終活」という言葉もメジャーになり、遺言キットやエンディングノートの関心も高まっています。自身の人生を振り返ったり、亡くなった後に家族に迷惑をかけないために、エンディングノートなどの作成を考えている方も少なくありません。 ただし、遺言キットやエンディングノートの作成をすれ…
「遺言書キットやエンディングノートを利用する場合の注意点」の続きを読む

親が作成した遺言書の内容に納得できなかったら?

もしもの時に備えて、親が遺言書を作成している場合もあるでしょう。本人が生きているうちに遺言書の内容を知り、納得できないと思うことがあった場合はどのようにすべきなのでしょうか? 相続欠格とは 法律上、被相続…
「親が作成した遺言書の内容に納得できなかったら?」の続きを読む

亡くなった親の遺言書を見つけた時に気を付けたいこと

父親が亡くなり遺品を整理していた時に、遺言書を見つけた場合「子供だから開封しても問題ない」と思われるかもしれませんが、封印のある遺言書は勝手に開封することはできないのがルールです。遺言書を見つけたら、家庭裁判所で検認手続を請求する必要があります。遺言書の開封・検認手続について、しっかりと覚えて…
「亡くなった親の遺言書を見つけた時に気を付けたいこと」の続きを読む

特定の子どもを相続人から除外することは可能?

子供が数人いる方で、特定の子供と折り合いが悪かったり、トラブルがあったりしたことで「この子だけを相続人から除外したい」と希望することがあるかもしれません。その場合は、どのように準備をすればよいのでしょうか。今回は相続の廃除について考えてみましょう。
「特定の子どもを相続人から除外することは可能?」の続きを読む

兄弟姉妹が「もし親が亡くなったら財産はいらない」と言っている場合の対応は?

兄弟姉妹の中には「親からの支援を十分受けてきたので、もし親が亡くなったら、財産はいらないよ」という方もいるかもしれません。その場合、他の兄弟姉妹はどのように対応すべきなのでしょうか。その約束を確定させる術はあるのか、考えてみましょう。
「兄弟姉妹が「もし親が亡くなったら財産はいらない」と言っている場合の対応は?」の続きを読む

相続の関連コンテンツ

まずはお気軽に連絡ください

HAPPYな解決を 相談予約受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-6997-7171 [受付時間]9:00~18:00 [定休日]土、日、祝日 お問い合わせフォーム メールでのご予約 ※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません

ご相談・ご質問受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-0997-7171 [受付時間]:9:00~18:00(土日祝は定休日)

アクセスはこちら

メールはこちら