交通アクセス

〒 570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号
富士火災守口ビル5階 ※ビルに駐車場はございませんので,
近隣有料駐車場をご利用ください

相談予約受付中です

06-6997-7171 [受付時間]平日9:00~18:00

メールでのご予約

※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません。

守口門真総合法律事務所重点取扱い分野

  • 交通事故
  • 相続・後見
  • 不動産
  • 企業法務
  • 離婚
  • 借金

特別受益

特別受益

特別受益

特別受益とは,被相続人から共同相続人の中の特定の人に対する,①遺贈,②婚姻・養子縁組のために行う生前贈与,③生計の資本としての生前贈与のことを言います。

②には,持参金・支度金が該当しますが,結納や挙式費用は該当しないとされています。

③は,生計の基礎になるような贈与全般が該当し,相当額の贈与であれば,広く該当します。
例えば,会社の起業資金や選挙に関する費用の贈与,マイホーム建築資金の贈与等が該当します。
なお,学費は基本的には当たらないとされています。

特別受益がある場合の遺産分割の方法

共同相続人の中に,特別受益を受けた人がいる場合,遺産分割において,特別受益分は既に遺産の前渡しを受けたことにして各相続人の相続分を定めます。
具体的には,被相続人が相続開始時(死亡時)に有していた財産に,特別受益分を足したものを相続財産とみなします。これを,特別受益の持戻しといいます。
その上で相続分を算出し,その相続分から特別受益の額を差し引いたものを特別受益者の正式な相続分とすることにより,相続人間の衡平を図ることがその目的といえます。

持戻免除

特別受益

既に述べたとおり,民法が遺産分割について特別受益の持戻しを行うことを定めたのは,相続人間の衡平を図ることと,それが被相続人の意思に合致すると考えたことによります。
そのため,被相続人自身が,特別受益の持戻しを免除する,すなわち特定の相続人に対しては,相続とは別で余分に利益を与えようという意思を有していた場合,他の相続人の遺留分を侵害しない範囲で,持戻しをしない遺産分割を認めています。

なお,持戻免除の意思表示をするには,遺言のように特別な方式を準備する必要はありません。口頭でも可能です。