交通アクセス

〒 570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号
富士火災守口ビル5階 ※ビルに駐車場はございませんので,
近隣有料駐車場をご利用ください

相談予約受付中です

06-6997-7171 [受付時間]平日9:00~18:00

メールでのご予約

※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません。

守口門真総合法律事務所重点取扱い分野

  • 交通事故
  • 相続・後見
  • 不動産
  • 企業法務
  • 離婚
  • 借金

戸籍と姓

離婚すると原則として、結婚によって姓の変わった当事者は、結婚前の姓に戻ります
結婚をした場合、どちらかの姓を筆頭とする戸籍を新しく作りその戸籍に入ります。
離婚する場合、筆頭とした戸籍から除籍されるため、結婚前の親の戸籍に戻るか新しく自分の戸籍を作らなければなりません

離婚後の戸籍と姓の選択には、以下3通りの方法があります。

  • 1.婚姻前の戸籍と姓に戻る
  • 2.離婚後も婚姻中の姓とし、自分を戸籍筆頭者とした戸籍を新しく作る
  • 3.婚姻前の姓に戻り、自分を戸籍筆頭者とした戸籍を新しく作る

戸籍の選択変更は離婚成立後3ヶ月以内に実施しましょう
原則として婚姻に際し姓を変更した方の姓は、もとの姓に戻ります。
そこで、離婚後も婚姻中の姓を継続して続称する場合は、離婚成立後3ヶ月以内に離婚の際に称していた氏を称する届を市区町村役場に提出します
(これは、元の配偶者の承認や証人を必要としないため、自分ひとりで届出を行うことができます。)

離婚成立後、3ヶ月経過してしまうと家庭裁判所に氏の変更許可の申立てを行って、姓を変更する許可を得ることが必要となります。
このとき、変更を求める理由が厳しく問われますので、必ず離婚成立後3ヶ月以内に手続を行って下さい
離婚の際に称していた氏を続称する届を離婚届に添えて提出すれば、提出手続は1回で済み、提出し忘れることもありません。
しかし、提出後、旧姓に戻りたいと思うようになることも多々あるので、離婚後の姓については、慎重に考えましょう。

まずはお気軽に連絡ください

HAPPYな解決を 相談予約受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-6997-7171 [受付時間]9:00~18:00 [定休日]土、日、祝日 お問い合わせフォーム メールでのご予約 ※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません

ご相談・ご質問受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-0997-7171 [受付時間]:9:00~18:00(土日祝は定休日)

アクセスはこちら

メールはこちら