交通アクセス

〒 570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号
富士火災守口ビル5階 ※ビルに駐車場はございませんので,
近隣有料駐車場をご利用ください

相談予約受付中です

06-6997-7171 [受付時間]平日9:00~18:00

メールでのご予約

※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません。

守口門真総合法律事務所重点取扱い分野

  • 交通事故
  • 相続・後見
  • 不動産
  • 企業法務
  • 離婚
  • 借金

契約書の書式例とチェックポイント

契約書・契約トラブル

以下に、ビジネスシーンでよく用いられる代表的な契約書書式例 をご紹介します。
各書式例にはポイント解説をコメントで表示しています。ご参照ください。

(1)秘密保持契約書 (ひな形はこちら)

当事者間で営業秘密などの秘密情報をやり取りする場合に、当該情報が第三者に漏洩するのを防ぐために取り交わす契約書です。

(2)金銭消費貸借契約書 (ひな形はこちら)

お金を貸し借りする際の基本的事項や、弁済期が守られなかった場合の責任追求方法について定める契約書です。

(3)売買契約書 (ひな形はこちら)

ものを買いたい、または売りたいというときに必要となってくる契約が、売買契約です。
売買を継続的に行いたい場合には、最初に継続的取引契約が交わされる場合もありますが、この売買契約の派生型です。

(4)業務提携契約書 (ひな形はこちら)

会社同士がお互いに得意な分野で提携したり、業務の一部を外部に委託するときに締結する契約書です。
民法上の売買・請負・委任などの性格をあわせ持つ、継続的契約といえます。
法的な拘束力を持たない規定があるものも見受けられます。

各書式例はごく一般的なビジネスシーンを想定して作成されています。
これ以外の契約例、または、契約書に盛り込みたいけれど記載方法が判らないなど、ご不明な点は、お気軽に弁護士ご相談ください。

まずはお気軽に連絡ください

HAPPYな解決を 相談予約受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-6997-7171 [受付時間]9:00~18:00 [定休日]土、日、祝日 お問い合わせフォーム メールでのご予約 ※電話・メールのみでの法律相談は行っておりません

ご相談・ご質問受付中!まずはお気軽にお電話ください 06-0997-7171 [受付時間]:9:00~18:00(土日祝は定休日)

アクセスはこちら

メールはこちら